5/18/2016

「AFF・東京2015」一部出展企業紹介Ⅱ

4032杭州ゴージャスファッション有限公司
レザー・ダウンウェアを主力に
婦人服がメーンのOEMメーカーで、90%を日本向けに輸出している。自社工場は浙江省嘉興市と江蘇省南通市にあり、嘉興工場ではレザーウェアを、南通工場では生地を中心に生産している。長年取引のある協力企業も豊富にある。
近年の日本向け輸出の年間取引額は約200万㌦。日本以外に一部を欧米に輸出している。
日本向けは10年以上手掛けており、日本の顧客の要求に精通しているという。日本のトレンドを熟知し、顧客ニーズに合わせたサンプルを提案できるのが強みだ。
AFFにはこれまで5回出展しているが、東京展は今回が初。今回展にはレザーウェアとダウンウェアを主力に出展する。同社担当者は「東京の顧客の新規開拓が出展目的。2、3社のお客様との取引につなげたい」と話している。
3066寧波徽商服飾有限公司
ニット製スポーツウェアを生産
ニットメーカーが集まる浙江省寧波市に本拠地を置き、主に日本向けのニット製スポーツウェアを生産する。「これまで多くのスポーツブランドに製品を提供してきた」と同社担当者は胸を張る。
年間売上高200万㌦のうち、9割が日本向け、1割が欧米向けとなっている。
特徴は生産設備が充実していることと、専門人材が豊富なこと。こうした設備、人材面の優位性を生かし、高品質の製品を生産しているという。
AFFにはこれまで東京展に3回出展している。今回はサッカー、ヨガなどで着用する機能性を有するニットウェアを出展する。
今回展では、新規顧客獲得に集中して取り組む考えだ。
2190煙台天成紡織品進出口有限公司
デニム製品を前面に
山東省煙台市に拠点を置き、セーターなどのニット製衣類や布帛製衣類、素材を生産し、日本などに輸出している。
2013年の日本向け輸出額は120万㌦、14年は90万㌦だった。
同社のアドバンテージは、日本や欧米への輸出に便利な立地に拠点を置いていること。同市の港からは毎日、各国へコンテナ船や飛行機が運航しているという。
AFFにはこれまで東京展や福岡展などに約20回出展してきた。同社担当者は「AFFを通じ、日本の顧客を開拓し、その後安定した取引関係を維持している」と説明する。
今回展には、日本の顧客から評価されるデニム製品を前面に打ち出す予定だ。
3094南通玉欣針織服装有限公司
特色あるニット製衣類などを㏚
布帛製やニット製、布帛・ニット製を組み合わせたレディースファッションを生産している。「特に布帛製衣類の縫製に絶対の自信を持っている」と同社担当者はアピールする。
日本向け輸出額は2013年190万㌦だったが、14年は195万㌦と微増している。
特徴は、生産と輸出入業務を同時展開することで、サンプルから製品まで短納期を実現していることだ。周辺に繊維産業が集積する江蘇省南通市に拠点を置く優位性を生かし、迅速に新製品を開発できることも強みとなっている。
AFFにはこれまで3回出展している。今回展には、布帛製衣類から特色のあるニット製衣類、難易度の高い刺しゅうをほどこした衣類などをアピールするという。
3132南通三喜OPUS服装有限公司
エコを意識した製品を訴求
1994年に南通で設立。アパレルの生産と貿易を一気通貫で展開する。早くからIT化に取り組み、ニット製衣料メーカーのための生産管理ソリューションを自社開発するなどしている。
2013年の日本向けの取扱額は900万㌦だったが、14年は600万㌦となった。
同社担当者は「20年強の貿易経験や優秀なスタッフ、生産と貿易一体による経営効率の高さ、国際標準の規範化された管理などが強み」と述べる。
AFFにはこれまで東京展に1回出展している。「多くの新規顧客を開拓できた」(同社担当者)という。
今回展では、環境保護や着心地を追求した製品、ニット製と布帛製の組み合わせ製品、吸湿などの機能性を売りにした製品などをアピールする予定だ。
2153南通市中和紡織服装有限公司
カンボジア製棉シャツなど出展
お嬢様系ファッションやカジュアルを主力にする生産・貿易会社。江蘇省南通市や徐州市など中国華東地区アパレル工場:22とカンボジアに8つのグループ会社を擁する。全従業員数は約2000人で、年間700万着を生産している。
日本向け輸出額は2013年3000万㌦、14年4000万㌦だった。
2014年8月、カンボジアに縫製工場を設立。現在400人のワーカーを有し、ボトムを生産している。今年5月には同国に合弁工場を新設した。同工場では800人余りが働き、コートを中心に縫製している。
AFFにはこれまで東京展に3回出展し、知名度アップや新規顧客の開拓に生かした。今回展では、カンボジアで生産する棉製シャツやジャケット、コート、各種合繊素材のカジュアルボトムを揃えるほか、中国製の高品質のシャツ、ワンピース、ウール製コートも紹介する。
2125威海紡織集団進出口有限責任公司
巨大な生産背景生かした製品を訴求  AFF:2: http://www.asiafashionfair.jp/
コングロマリット、迪尚グループ傘下のOEMメーカー。同グループは同社以外に7社のOEMメーカーを傘下に持ち、計1万5000人の従業員を有する。また日本、韓国、欧米、香港などの国・地域に子会社がある。
同グループは、年商は50億元の中国最大規模のアパレル貿易グループだ。2013年の輸出額は9.8億㌦、14年は10.5億㌦だった。
巨大な生産背景を生かした生地開発力や、小ロット・短納期への対応力などが同社のアドバンテージである。
AFFにはこれまで東京展に6回出展している。今回展には、シャツ、コート、ボトムなどの多彩なラインナップをアピールする予定だ。

没有评论:

发表评论